インフレの恐怖と相場を楽しむコツ
今現在の価格高騰を心配してます。職業は商品先物取引の外務員。最近はスーパーで価格が上がっていることに目がとび出すほど驚くことが多いです。そんな日常のことから仕事のことまでつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな記事みつけました。 (時事通信からの引用です)

市場に変化を起こす要因となるのでしょうか?

08/06/13 06:34 - [JD92] 時事通信社

◎ICE原油先物市場でも建玉制限導入か=米英当局が協議―ロイター通信
【シカゴ12日時事】原油価格の異例の高騰を受けて、米商品先物取引委員会(CFTC)と英金融サービス庁(FSA)は、英ロンドンにあり、米国の規制が及ばないICEフューチャーズ・ヨーロッパ(旧ロンドン国際石油取引所=IPE)の米国産標準油種WTI原油先物について、米国で導入されているポジション(建玉)制限を導入する方向で話し合いを行っているという。ロイター通信が12日、米議会筋の話として報じた。同筋は、「市場管理として、建玉制限を課すことで彼らは協議していると聞いて
いる」とした上で、「ロンドンのICEには、ニューヨーク商業取引所(NYMEX)と同じような建玉制限がないということが懸念だ」と指摘。市場参加者が建玉制限を逃れるためにICEを利用し、価格をゆがめているとすればなおさらだとの認識を示した。
 CFTCとFSAは先月29日、大手投機筋の情報収集、監視強化を柱とするエネルギー市場対策を発表。その中でもICEでの取引の監視を強める方針としていた。WTI原油先物では、取組高の75%をNYMEXが占め、残り25%のシェアがICEフーチャーズ・ヨーロッパとなっているという。(了)
スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 インフレの恐怖と相場を楽しむコツ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。