インフレの恐怖と相場を楽しむコツ
今現在の価格高騰を心配してます。職業は商品先物取引の外務員。最近はスーパーで価格が上がっていることに目がとび出すほど驚くことが多いです。そんな日常のことから仕事のことまでつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1980年は日経平均6000円台ですね。
国内金価格や白金価格の高値が1980年であるため、日経平均もどれくらいだったか見てみました。当然、採用されてる銘柄が違うので比べることはできませんけど

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

今日の討論は株式暴落が中心ですね。
これだけ金融危機が深刻化すると、合併買収資金を調達することが困難になるのではないか。アメリカのGMの合併話もスムーズに進むのであろうか。G7で決定した資本注入が行われることで株価は止まることはあるかもしれませんが、大企業の破綻のニュースが流れればさらに安値を更新するのではと思ってしまいます。大底、今月、後半かなあと思ってます。

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

ドル円、どちらに動くのか。
100円をはさんだ動きが続くのか。どちらかに動くのかは、資本注入が実行されてからでしょうか。市場は企業の破綻と資本注入どちらを材料視するのか

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

こんなことは経験がありません。
商品は、まだ落ち着いた動きといえそうです。投信の元本われが目立ち、投資意欲が市場から消えていくのが心配です。出口のないトンネルはないです。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

中東産油国はどう出るのか(時事通信社より引用)

原油の価格が下がり、外貨収入が減り、オイルマネーにより投資が順調にいかない。どんな発表があるのでしょうか。今後関係筋の話しが聞かれるかと思います。

08/10/10 06:50 - [JF30] 時事通信社

◎OPEC、11月18日前後に臨時総会開催か=情報筋
*【ロンドン9日ロイターES=時事】石油輸出国機構(OPEC)筋は9日、OPECが11月18日前後にウィーンで臨時総会を開催する可能性が高いと述べた。世界的な金融危機が原油相場に及ぼす影響について協議するという。
 ある情報筋は「(臨時総会は)固まりつつある。11月18日ごろになりそうだ」と述べた。別の筋は、OPEC本部がこの日、開催を確認する声明を発表する公算があると指摘した。(了)〈OPEC〉

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

アナリストの明るいコメントが出てきました。
ロイターニュースのアクセスランキングを見ると、世界恐慌はない、そろそろ底入れかというアナリストのコメントが上位を占めてますね。一番暗いときに光は差し込むんじゃないでしょうか。ただ取引所が売買中止ですとか異常事態ですね。

テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

夜間取引現在のところ冷静か?
今のところ夜間取引はあまり動いてません。明日のG7まちでしょうか。金価格とプラチナ価格は逆転するんでしょうか。そして、金、白金の裏で影を潜めているパラジウム。ロシアはいつ動き出すのでしょうか。注目してます。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ1980年の下げ幅と並ぶ。
プラチナの今年の高値の安値差が4400円を超えました。この下げ幅は1980年プラチナが8250円まで上昇した年の下げ幅とほぼ並びました。歴史は繰り返す。綺麗なミラーチャートになってますよ。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ドル円戻っても戻り売りでしょうか。
ドルが円に対して買われていますが、一時的なものでしょうか。ドル円100円割れは目前でしょうか。トレンドは転換したように思えます。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

預金全額保護というニュースが多いですね
各国政府が預金の全額保護を発表してますね。それだけ危機的な状況であり、取り付け騒ぎを防ごうとしているのでしょうか?。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

今晩どうなるでしょう。
9月の米雇用統計が今夜発表されます。
失業率予想は平均で前月と変わらずの6.1%。米証券大手のリーマン・ブラザーズの経営破綻をきっかけに広がった金融不安から、景気後退色が一段と鮮明になっており、情勢悪化が懸念される。金融安定化法案をめぐる動きも引き続き注意が必要だ。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日は全面安。
本日は全面安です。2日のニューヨーク原油(WTI)相場が米欧の信用不安を背景にした景気減速から、エネルギー需要の減退懸念が強まって急落し、中心限月11月きりは前日比4.56ドル安の93.97ドルと2週間ぶりの安値水準に下押した。東京市場もストップ安を交えた動きか。
 金は3日続落する公算が大きい。ニューヨーク相場は金融安定化法案の修正案が米下院で可決されるとの見通しからドル高観測が浮上、中心限月12月きりは同43ドル安の844.30ドルと急落した。これを受け、東京市場でも損失覚悟の売りが膨らむ展開になりそうだ。夜間取引も下落中。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

プラチナ下げ止まりか。
プラチナはそろそろ下げ止まるのか。ただそんなふうに思えてならない。3日に行われる下院での議決までではないだろうか。商いが薄いのがきになります。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2005 インフレの恐怖と相場を楽しむコツ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。