インフレの恐怖と相場を楽しむコツ
今現在の価格高騰を心配してます。職業は商品先物取引の外務員。最近はスーパーで価格が上がっていることに目がとび出すほど驚くことが多いです。そんな日常のことから仕事のことまでつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政府系住宅金融会社の株価が下げ止まりません。(時事通信からの引用)
政府系住宅金融公庫の株価が下げ止まりません。ブッシュ大統領が言葉を発しても金融不安が払拭されない状況です。株式、商品ともども金融不安の波が押し寄せてきております。原油の下げ幅に関しましても湾岸戦争以来、17年ぶりの大きさとのことです。

08/07/16 06:44 - [JF45] 時事通信社

◎政府系金融株、一時30%急落=不安払しょくされず
*【ニューヨーク15日時事】15日午前の米株式市場では、政府系住宅金融会社の米連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNM>と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)<FRE>の株価が一時約30%も急落した。両社に対しては、米政府と連邦準備制度理事会(FRB)が13日夜に緊急時の公的資金注入を含めた支援策を発表したが、市場の信用不安を払しょくできていない。
 同日は、ブッシュ米大統領が記者会見し、米住宅市場における両社の役割の重要性を改めて強調したが、新たな救済策は示さなかった。
 午前10時25分現在、ファニーメイは前日終値比26.41%安の7.16ドル、フレディマックは同30.24%安の4.96ドルで取引され、1年前の水準と比べると約10分の1に下落している。(了)〈FRB1〉
スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

全銘柄大暴騰
全銘柄大きく値段が上がってます。すべてはイランのミサイル実験により、中東情勢が緊迫化しているためです。今晩にはUSDAの穀物需給見通しの発表もありますし、トレンドは本日で転換したのでしょうか。ある意味、昨日までは大天井をつけたのかという意見も聞かれましたが、再び切り返してくるのでしょうか?思い起こせば昨年は8月にサブプライム問題が表面化しました。今年もなにかあるのでしょうか。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2005 インフレの恐怖と相場を楽しむコツ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。