インフレの恐怖と相場を楽しむコツ
今現在の価格高騰を心配してます。職業は商品先物取引の外務員。最近はスーパーで価格が上がっていることに目がとび出すほど驚くことが多いです。そんな日常のことから仕事のことまでつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日はアメリカでいろんな発表あります。
失業保険の申請件数、小売売上高、ヨーロッパもスタートは軟調。今晩あたり、ニューヨークダウの大暴落あるんでしょうか。きっとそのときには、緊急利下げみたいな秘密兵器をだすんでしょうけど。3月18日前に利下げがあるのか。
スポンサーサイト
日経平均2005年の10788円が目安か?
日経平均が再び昨年来安値を更新しました。次の目安となるのが10800円どころでしょうか。トレンドは完全に売りであり、月足でも移動平均線で9日線が26日線を上から下に抜け、なかなか戻らないようなきがします。中央銀行の資金供給のコメントも1日しか効果がなかった。どこまで下がるのでしょうか。
為替100円割れ
 為替100円割れです。2004年、99年の重要な指示線をわってきました。残るは95年の79円75銭でしょうか。どこまで円高がすすむかわかりませんし、当局が為替に介入してくるのか、サブプライム問題がもっと深刻化しドルが売られ続けるのか、難しいところです。少なくともトレンドは売りですから、値ごろから買うのはお勧めできません。
急激な円高。やはりドルは売られ続けるのか?
ドル円が101円25銭程度で推移。ドル売りの流れかわらず。目指すのか100円割れ。FRBの資金供給策も1日しか効果ありませんでした。
原油110ドルつける
原油在庫が増えたにもかかわらず原油が下げない。投機筋の資金が価格を押し上げているのか?
原油につられNY金価格も上昇。ドルはユーロに対して最安値更新の連続。
為替また101円台に逆戻り
中央銀行による資金供給で103円までドル高が戻りましたが再び売られ始めました。チャートから105円まではすんなり戻るかと思っていたのですがドル売りの流れは変わらないようです。
copyright © 2005 インフレの恐怖と相場を楽しむコツ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。