インフレの恐怖と相場を楽しむコツ
今現在の価格高騰を心配してます。職業は商品先物取引の外務員。最近はスーパーで価格が上がっていることに目がとび出すほど驚くことが多いです。そんな日常のことから仕事のことまでつづっていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
工業品は全面高
工業品は全面高。穀物はやすい。余り目立つ動きはない。石油が少し高いというだけ。本日は大きな動きはないのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

キング総裁発言受けて、円高、円高、円高、円高、円高 5回言ってみました。
為替止まりません。円高、円高、円高、売りトレンドは継続していたんですね。この前、大底をつけたと思っていたのに、ダブルボトムになるのか、ドル下げトレンド継続で90円を割るのか?売り方が勢いづきそう。まだドル買ったらだめですよ。売りましょう。トレンドにはサカワラズ。先日の安値を割らないことを祈って。

テーマ:為替取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

証券会社の業績予想引き下げ
25日、JPモルガンチェース及びUBSがメリルリンチの業績予想を引き下げました。昨日、ニューヨークダウは5年ぶりの低水準であった消費者信頼感指数の発表を受け一時急落しましたがその後、値を上げてきました。
商品で一番怖いと思うのが株安とドル売りが同時にきて、つられて売られることだと思います。なんとか1月22日につけた11634ドルを割り込まないことを願うのみ。トレンドは買いに転換したか?しそうか?

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

香港株、インド株大幅上昇ついでに欧州も
昨日のニューヨークダウの大幅上昇の流れが良い方向で波及しています。今晩は23時に消費者信頼感指数の発表があります。数値が悪くても良くても、関係なく大引けでは高いような気がします。もちろん予想より悪ければ一時的に売られるかと思いますが、取引時間中に戻してくるように思ってます。サブプライム問題はひとまず峠を越えたムードが市場にひろがっているような。3月、4月、は全て高い。そして忘れたころにまた大きな下げがくるのか。ゴールデンウィークぐらい?。たしか日経平均は昨年は5月から上げ始め、一昨年は5月から大幅下落3年前は5月から大暴騰、上昇と下落が交互になってます。その順番からいけば、今年は下落?もちろんそのときには為替も上がったり下がったりの乱高下?そんな妄想を書いてみました。

テーマ:為替取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

商品最後の上げはいったい?
17時からの上げはいったい何だったのか。もちろんドル高円安、夜間取引の影響も考えられるが、すごかった。明日の相場の行方を占う動きだったのか。空売りしてる人の買戻し注文が入ったのか。明日高ければ、安心して買っていけるのではないだろうか。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

為替円高に振れてます。
ニュースでは、機関投資家の大量売りで円高になっている模様。一時的なものか。為替のトレンドは、ドル高円安で見ています。

テーマ:為替取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

為替100円台しっかりのせてきました
ドル安の流れ少し緩やかになったようなきがする。次は101円10銭ぐらいの価格帯をあっさり上に抜けれるかが問題のような気がする。この当りで止まるようだと、株高も商品高も期待できない。日本時間では、なかなか動かないと思うが、今晩の消費者信頼感指数の発表ですとか、何か好材料があればと思ってます。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

為替100円台にのせました。
為替100円台のせました。今晩、23時に中古住宅販売件数の発表があります。予想より数字がよければ、月末に向け105円を目指すのではないかと思います。それにともない、株式も商品も高いのではないでしょうか。商品にしてみれば、ダブルボトムで下げも十分に考えられますが、私は今晩からドル買いが始まり、全て高いというシナリオを考えています。週末テレビでドル売り、ドル売りとたくさん放送されてましたが、多くの人が同じ見方をするとその反対に動くのかなあと感じています。もし為替がしっかり100円台で定着しなければ、要注意です。

テーマ:為替取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

反転の兆しか?
商品価格は日足で見ても、週足ので見ても、下げトレンドであるかと思う。ただ、ここから売るのは心理的には、非常に難しいかと思う。個人的な相場観をいえば、午前中のプラチナの上げも反転の兆しかと思う。ファンドの資金引き上げなど嫌な予測もありますが、弱材料で尽くし、目をつむり、買いを推奨したい。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

サブプライムは峠を越えたのか?
本日になってサブプライムは峠を越えたとするアナリストのコメントが多数でてきている。日本においてはバブル崩壊の結果として北海道拓殖、日本長期、 日本債券、山一と消えていったが、アメリカにおいても十分な自己資本比率は維持しながらも、身売りにまで追い込まれたベア-スターンズ。つい先日も日経新聞一面で比べていましたが、市場というものは恐ろしいもんです。当然、もう一回ほどひやひやさせる場面が夏に向けてあると思いますが、ひとまず小休憩に入ったと思う。月末に向けて為替105円を目指すか?日経平均も13500円まで回復か?

テーマ:為替取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ストップ張付きです。
商品相場本日は全てストップ安です。最近は株式と連動して商品価格が動いておりましたので、少し驚いています。テクニカルで言えば、完全に売り線に変わってしまいましたが、ここからが勝負です。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ストップ張付きです。
商品相場本日は全てストップ安です。最近は株式と連動して商品価格が動いておりましたので、少し驚いています。テクニカルで言えば、完全に売り線に変わってしまいましたが、ここからが勝負です。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

なぜこんなにも下げたのか?
商品相場はなぜこんなに下げたのか。ニューヨーク市場で証拠金が引き上げられるですとか、後付けのような材料は出てますが、ファンドの資金が市場から逃げたことは確かです。このまま下げていくとは考えにくいが、不安になります。
政府系金融機関住宅ローン担保証券買取へ
着実にサブプライムローン問題の軽減策が実効されつつある。

テーマ:為替取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

金、反落から上昇に向かうのか。
金価格が最近では、珍しいくらいの大幅下落しております。サブプライムローン問題からのリスクマネー収縮だと思います。ただこのまま価格が下落し続けるかと言えば、答えは異なると思います。
いい押し目であり、再び安いところは買われてくるように思える。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

0.75%の下げ
FOMCにおける金利の下げにより株式もドルも買われております。リマ-ン、ゴールドマンともに事前予測より決算の数値がよかったことも好材料。ここから反転の兆しになるのか、絶好の戻り売り場面になるのか、分岐点に。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ケンタッキー16年ぶり値上げ
ケンタッキー16年ぶり値上げ。値上げが当たり前になっております。次は何が値上げされるのか想像してみてください。

テーマ:食糧政策 - ジャンル:政治・経済

夜間取引大きく上げております。
為替も手伝って現在、換算値は高いです。今晩、深夜3時15分のFOMCの利下げのニュースの前触れでしょうか。本日の全面安から大噴火もありえるのではないかと思っております。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

大暴落 石油・貴金属
機関投資家が商品市場から資金を引き上げている模様。今晩のFOMCの利下げはどの程度金利を下げるのか、注目である。サプライズ的なものがあるのか、株式はまだまだ下がるのか?目が離せません。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

ヨーロッパも大暴落
ヨーロッパの株価も大暴落。今晩のニューヨーク頼みです。神様にお願いして、中央銀行の協調介入を神頼みするしかないんでしょうか。でもこのようにお祈り投資をしてる人はなかなか利益が出せないんでしょうね。きっと今、利益を取ってる人は、トレンドを読み売りからはいっているんでしょうか?

私は、東京金については、移動平均線をロウソク足が上回りそうでブルで考えています。

株式も為替も商品も全てつながっております。複雑になってまいりました。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

昨日の榊原英資氏の言葉が頭に浮かびます。
とにかく怖い、落ち着かない日でした。ベアスタンーズ証券の株価が先週木曜日は、60ドルしていたのに、本日2ドルでJPモルガン・チェースに売却と発表されました。
ぜんぜん資金繰りには困っていなかったという話でしたが、噂が現実になってしまった話です。
誰もが疑心暗鬼でしょう。なかなか仕掛けるのが難しい局面です。
こういうときこそ、テクニカル分析で、安いから買うという安易な考えではなく、売りからでも買いからでも入るという柔軟な考えが必要ではないでしょうか。
95円台突入
 想像できないような流れになっております。これ以上、円高になれば、勢いからさらに突っ込む場面がありそう。日経平均も11000円割れも頭の中をかすめます。中央銀行の協調介入も考えられ、様子を見るべきところか。
森永乳業バターの値段23年ぶりに値上げ
バターの値段があがります。飼料穀物の価格が上がったため、原料である生乳の価格もあがり、それを反映させたものです。これでまたケーキの値段があがるでしょうし、生活にキツク響きます。
再び100円割れになるのか
為替が再び100円を割れそうになっております。自立反発も思ったより少なかったです。ドル売りのトレンドは変わりないと思います。昨日の値段を更新するのかに注目です。
為替はどこまで戻るのか
為替は100円割れからの反発。102円97銭どころが目安か?
金価格1000ドルのせ
ついにニューヨーク金価格が1000ドルのせを達成しました。オプションの解消も考えられ、急激に価格が上昇するのではないかと思っております。金価格が新たなステージに突入したといえます。

テーマ:商品先物取引 - ジャンル:株式・投資・マネー

本日はアメリカでいろんな発表あります。
失業保険の申請件数、小売売上高、ヨーロッパもスタートは軟調。今晩あたり、ニューヨークダウの大暴落あるんでしょうか。きっとそのときには、緊急利下げみたいな秘密兵器をだすんでしょうけど。3月18日前に利下げがあるのか。
日経平均2005年の10788円が目安か?
日経平均が再び昨年来安値を更新しました。次の目安となるのが10800円どころでしょうか。トレンドは完全に売りであり、月足でも移動平均線で9日線が26日線を上から下に抜け、なかなか戻らないようなきがします。中央銀行の資金供給のコメントも1日しか効果がなかった。どこまで下がるのでしょうか。
為替100円割れ
 為替100円割れです。2004年、99年の重要な指示線をわってきました。残るは95年の79円75銭でしょうか。どこまで円高がすすむかわかりませんし、当局が為替に介入してくるのか、サブプライム問題がもっと深刻化しドルが売られ続けるのか、難しいところです。少なくともトレンドは売りですから、値ごろから買うのはお勧めできません。
急激な円高。やはりドルは売られ続けるのか?
ドル円が101円25銭程度で推移。ドル売りの流れかわらず。目指すのか100円割れ。FRBの資金供給策も1日しか効果ありませんでした。
copyright © 2005 インフレの恐怖と相場を楽しむコツ all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。